LED照明の特徴と注意点

LED照明の特徴として先ず挙げられるのは、長寿命であると言うことです。どの位寿命が長いのかといいますと、蛍光灯の約4倍、白熱電球の約40倍も長持ちするのです。そのため、電球交換の手間が軽減されるとともに、資源の有効活用にも繋がります。また、LED照明は、従来の照明と同水準の明るさを、低い消費電力で実現することができます。しかも、従来の電球に含まれている可視光線以外の紫外線や或いは赤外線が少なく、室内温度への影響が軽減されますため、冷房などの電気料金の削減、ひいてはCO2の削減に繋がりますとともに、紫外線に引寄せられる虫を防ぐことができますので室内を清潔に保つことができます。。更に、LED照明は、主な素材としてアクリル樹脂を使用してるため、軽くて丈夫なものとなっています。このため、地震災害時などでも、蛍光灯や白熱電球に比べて安全性が高いものとなっています。このようにメリットの多いLED照明ですが、使用には注意が必要な点もあります。それは、断熱施工されている器具に使用できないと言うことです。どのようなものが断熱施工されている器具かといいますと、器具に「SG」、「SB」或いは「SGI」と言ったマークがあるものは断熱施工器具ですので、LED照明を使用することはできません。

Comments are closed.