テレビ台を選ぶ際の、注意点について

最近のテレビは、ほとんどが以前のようなブラウン管ではなく、
薄型になっています。
ですから、それを置くテレビ台も、様変わり
しています。
以前のテレビ台は、ブラウン管のテレビを置くために、非常に
幅が広く、録画ソフトも現在はVHSではなく、ほとんどがDVDか
ブルーレイ、またはソフトではなくハードに入れるようになっているので、
以前のように幅の広い台の下に、収納スペースがタップリ付いているという
場所をとるつくりのモノではなくなっています。
ですから、気をつけるべきは、中古で安くなっているからといって、
旧来の形をしたテレビ台ではなく、横幅が狭く、置きやすくて、尚且つ
ケーブルの受信装置や、各ハードなどを分けて置くようになっている
現代型のテレビ台を買うようにするべきです。
旧来の物は、現代のテレビでは使いづらいですし、失敗と感じて
売ったり、業者にタダでもいいので引き取ってもらおうと思っても、
応じてくれない状態になってしまいますからね。

Comments are closed.